耕運機を利用するなら騒音に注意する必要があるので、周辺の環境に適したものを選びましょう。

周辺環境に気をつけて!耕運機を選ぶ上でのポイント

MENU

耕運機選びのポイント

 

耕運機は小さい面積の畑を耕すのに優れています。
家庭菜園にも愛用されており、個人への普及も進んで居るのが特徴です。
より広い土地を耕すのであればトラクターの方が適しているでしょう。

 

周辺環境

この耕運機を選ぶ際に重要になるのが、周辺の環境です。
もし住宅街で家庭菜園を作っており、そこで耕運機を利用するなら騒音に注意しなければなりません。

 

ガソリン式の耕運機は馬力が高く性能が良いですが、その分騒音は大きくなってしまいます。
騒音に注意する必要があるなら電気式のものにすると音を小さく抑えられるでしょう。

 

ちなみに、電気式は電源コードで繋がって居ます。
小さい面積なら良いですが、それなりに広さになると電源コードが届かないデメリットが出てきます。
電力を確保できるかは事前に確認しておくようにしましょう。

 

ガソリン式がおすすめ

耕運機

本格的な農家や家庭菜園で30坪以上の畑を耕すのであれば、ガソリン式の耕運機がおすすめです。
電源コードが不要ですしガソリン式は馬力が強いので耕す作業効率が上がります。
自宅から離れた場所に畑があるなら、耕運機を持ち運びする可能性もあるでしょう。
車に積めるサイズなのかを考慮しておくのも重要なポイントになります。

 

耕運機を選ぶ時は重さも選ぶポイントに入ります。
どんなに性能が良くても重くて扱いにくいのであれば、それは作業効率を落とす結果にしか繋がりません。
女性が耕運機を利用する機会も増えているので、軽くて安定した使用が出来るかも考えてみましょう。

 

ガソリン式の耕運機であれば、メンテナンスが重要になってきます。

エンジンにガソリンを入れっぱなしにしておくと、すぐに動かなくなってしまいます。
キャブレターづまりになりエンジンが掛からなくなるのです。
そうした手間を考えると、ガスボンベを利用する耕運機も視野に入れて置くと良いでしょう。

 

 

 

 

 

メンテナンスの手間を考えるか、作業効率を考えるか、何が現状に則しているかを判断すると良いです。
良く分からない場合は商品ページを見て吟味したり、ホームセンターで店員へ質問してみたりすると解決します。
メーカーに問い合わせるのも手段の1つです。