雑草の性質と騒音対策、そして重さを考慮することがポイントです。

草刈機械選びは雑草の種類を把握することが大切

MENU

草刈機械選びのポイント

 

農家に必須の草刈機ですが、一般家庭でも利用されることがあります。
草刈機を選ぶ上で何を重視するのが良いかをまとめました。

 

どんな雑草が生えているか?

最初は草刈りを行う場所にどのような雑草が生えているかを観察しましょう。
柔らかい雑草なのか、それとも茎がある硬い雑草なのか、枝が混じっているのか、などが観察ポイントです。
どれも雑草というカテゴリーになるのですが、選ぶ草刈機は違って来るのです。

 

例えば草刈機の刃部分に違いが出てきます。
柔らかい雑草であれば、刃は鋭く硬くなければなりません。
しかし枝などの硬いもの混じっているのであれば、刃は丈夫で破壊力が必要になるのです。

 

そうした理由のため、まずはどんな雑草を刈りたいか知ることから始めてください。

 

周辺環境に合わせる

草刈機

次は周辺の環境に合わせて草刈機を選びましょう。
住宅が近いなら騒音に注意しなければならないので、電動式がおすすめです。
ただし電動式は電源コードの問題や馬力不足が懸念されます。

 

騒音を気にしなくて良いならガソリン式の草刈機でどんどん雑草を刈れるようにするのがベストです。
ガソリン式はパワーに優れていますが、重たいという問題もあるので覚えておきましょう。
軽いものを望むなら電動式やバッテリー式を検討してみると解決します。

 

自分に合った草刈機械を!

草刈機を購入するポイントは、雑草の性質騒音対策、そして重さを考慮することです。
カバンのように肩に掛けるタイプとリュックのように背負うタイプがあるのも知っておきましょう。
どちらが自分に合っているかを考え、場合によってはホームセンターなどで試着してみてください。

 

また、草刈機は意外と危険が多いので忘れないようにしてください。
小石が刃に当たって飛んで来ることもありますし、騒音によって耳を傷めてしまうケースも存在します。
ゴーグルを買ったり作業用の手袋を買ったりして準備しておくと良いでしょう。

 

草刈機は多くのメーカーが便利な機能を備えて販売しています。
迷ってしまうこともあるでしょうが、雑草の性質等を抑えておけば最善なものを選べるようになります。
良い買い物をして楽に草刈りを行いましょう。