畑や水田の規模、どんな作物を育てるかも考慮して農機具を購入しましょう。

農機具を購入する際の基準とは?目的や環境に適した農機具を探そう

MENU

農機具を選ぶ基準

 

農機具を購入しようと思っても、何を基準に選べば良いか分からないこともあるでしょう。
適当に選んで失敗してしまう前に、農機具選びのポイントを紹介します。

 

畑や水田の面積を知る

畑

何よりも大事なのが、畑や水田の面積を知ることです。
小さい面積であれば小回りが利き、扱いやすいの農機具が適していると言えます。

 

もし広大な土地で作物を育てるのなら、大型のトラクターや耕運機が必要となるでしょう。

 

農機具を選ぶポイントは、畑や水田の規模によって変わるのです。

 

育てる作物

当たり前ですが、どんな作物を育てるかも重要です。
野菜を育てるのに、稲用のトラクターやコンバインを購入しても大して役に立ちません。

 

また、農機具は何年も使い続ける想定で購入することになるでしょう。
来年、5年後、10年後にどんな作物を育てるかも考慮しておくと良いです。

 

今は稲しか作る予定がなくても、3年後には別の作物も作るかもしれません。
そうした未来を見越して適切な農機具を購入するのも選び方のポイントとなります。

 

農地の性質を知る

農地の性質や雑草の状況を知るのも農機具選びに役立ちます。
例えば、雑草と聞いてどんな種類があるか分かるでしょうか?
雑草には様々な種類があり、草刈機械もそれに合わせて変える必要があるのです。

 

草刈機械の刃にはいくつかタイプがあり、芝生のような柔らかい草を刈る刃、小枝などの硬い木を斬る刃、通常の草を刈る刃があります。
たかが雑草ですが、性質によって刃を変える必要があり、購入する草刈機械も変わるのです。

 

近くに民家があるなら、騒音にも注意をすると良いでしょう。
昨今では騒音トラブルが相次いでいるので、なるべくうるさくない農機具を選ぶと安全です。

 

 

サポート面も重視

 

他にも、故障時のサポートが充実しているの会社の農機具を買うのが効果的です。
滅多なことでは壊れませんが、何かあった時は素人では対応できません。
専門家にしっかりと見てもらえる環境を確保しておくのも大切なのです。
農機具を選ぶポイントを押さえて、快適な農業を始めましょう。